教養研修委員会

平成27年度 佐賀市人権・同和教育学級 (前期 6月)

■参加報告

 前期研修は、「多様性を認める社会」「障がいとは」「いのちをつなぐ喜び」「差別のない社会づくり」、の4テーマについてそれぞれ開講されました。

【参加した委員の感想より】

◎正しい知識を持ち、自分と違う考えを持つ人と、顔と顔を見て会話をすることで、偏見を持たずに相手を理解することができるようになると思いました。

◎個々の意識が変わっていくことで、違いを認めあい、尊重しあえることができる社会へとつながっていくのだと思いました。

◎人はそれぞれに悩みがあり、生きづらさをかかえた人達も共存しているという事。いろんな価値観があり、人は皆、違うからこそ尊い。

 すべてを受け入れ、認めあえる、ありのままの自分を出せる社会になればよいと思いました。そのためにも、正しい知識が大切だと感じました。

◎障がいのある人は、「特別な人」ではなく、「特別なニーズを持ったふつうの人」という言葉はとても感銘を受けました。

 障がいのある人、その家族、支援者の誰もが、自分らしく自己実現していける社会でありたいと思います。

◎なぜ同和地区ができたのか、なぜ同和地区が問題なのか、これから考えていかなければいけないことも多く、身近に起こった場合はどう対応すればよいのかわかりません。

 また、世代間で考え方の違いがあることを改めて実感しました。

平成26年度四附属講演会

平成261118(火)午前中 に開催されます。

場所:アバンセ

(講師、演題、テーマは未定)

各クラス教養研修委員会所属の協力員さんを中心に多数の参加をお待ちしています。2学期に入って正式にご案内いたします

 

平成26年度佐賀市同和問題講演会のおしらせ

平成26年8月20(水)14:00会場、14:3016:15 に開催されます。

場所:佐賀市文化会館 中ホール

演題:「ある精肉店のはなし」

講師:北出 新司氏

参加自由です。