学級委員長会活動報告

平成30年度 第1学年 親子ふれあい講演会

                                          平成30年度 第1学年 親子ふれあい講演会

 

                                                        ぼくは、13歳 職業、兵士

                                         ~アフリカの元子ども兵が教えてくれたこと~

 

    日時  平成30年7月5日(木)

    場所  佐賀大学教育学部附属中学校体育館

    講師  島 彰宏 氏(認定NPO法人テラ・ルネッサンス 佐賀事務所)

 

 「ひとりの力は、微力だけど、無力じゃない。」

 この言葉を大切に、「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目的に20

01年11月に設立された認定NPO法人テラ・ルネッサンス。

 テラ・ルネッサンスは、カンボジアでの地雷除去支援、ウガンダやコンゴでの元子ども兵の社会復

帰支援事業等「平和教育」・「地雷」・「小型武器」・「子ども兵」という4つの課題に取り組む団体です。

   今回は、佐賀事務所開設に伴い常駐スタッフとして着任された島彰宏様に、子ども達と同年代の子

ども兵の話、地球の裏側のリアルストーリーを通して、次世代を担う子どもたちに平和の大切さを伝

えていただきました。世界平和のために「今、私にもできること」を親子で探していただく時間となりました。

                             1年1.png           1年2.png

 

                                   ©Terra Renaissance

                ▼▼▼  「微力」は「無力」ではない(講師からのメッセージ)  ▼▼▼  

 世界平和のために何かを成し遂げるためには、個人の力など微力だと考える人も多いでしょう。

  しかし、「微力」は決して「無力」ではないはずです。今日こうして私が話していることも、

「誰かに伝える」という小さな1歩です。皆さんも、まずは解決すべき問題に関心を抱いてください。

  知ること、感じること、考えること、そして関わること。ひとり一人に未来をつくる力があります。

 

   【 平和への第一歩のキーワード 】

    ・ 「観心」(知ること)

    ・ 「感心」(考え、感じること)

    ・ 「関心」(自分なりに動くこと)

    ・ 一人ひとりの力は微力かもしれないが無力ではない。

    ・ 一人ひとりに未来をつくる力がある。  

                                     1年3.png