学級委員長会活動報告

平成29年度 第1学年 親子ふれあい講演会

平成29年度 第一学年 親子ふれあい講演会報告

日時 平成29年9月21日(木) 13時15分~14時50分

場所 佐賀大学附属中学校 体育館

演題 世界を知るために~国連の役割とその歴史~

講師 長岡 幸佑 氏

   柳川 ゆい 氏

 

002.JPG   026.JPG   031.JPG  

  

 今回は、同志社大学在学中で日本模擬国連でも活躍されている長岡幸佑氏、柳川ゆい氏をお招きして講演していただきました。
主に、国際連盟と国際連合の違いを中心にお話いただきました。各国の勢力関係を、ドラえもんのキャラクターを例に分かり易く解説してくださいました。

1914年、第一次世界大戦という複数国同士の戦争が始まりました。この戦争を通して、皆同じように強ければ戦争は起こらないだろうという考え方(勢力均衡論)が生まれました。しかし、これではより強力になりたいとする国がでてきてしまうとの懸念から、国同士でチームを作ってルールを作り、そのルールを逸脱した国に制裁をかけようとする国際連盟が発足しました。ところが、この国際連盟に当時、最大強力国だったアメリカは参加しませんでした。これではアメリカの勢力を抑えらず、国際連盟の実行力がうまく発揮できません。これが第二次世界大戦を防げなかった原因の一つとも言われているそうです。
第二次世界大戦後には、アメリカも参加しての国際連合が発足しました。この新しい組織を運営していくためのルールが「国際連合憲章」です。
最近では北朝鮮の核ミサイル発射で日本はもとより、国際的にも緊張が高まっています。今回の講演でも、核爆弾で戦争が起きないようにするために、どんなルールを作ったらいいか?という課題に、生徒たちからは「核材料の輸出を禁止すればいのではないか。」「核爆弾より強い兵器を作ったらいいのではないか。」など、活発な意見が出ました。

私達は戦争も体験していませんし、日々平和、平穏な環境の中で生活しています。しかし、ここは世界唯一の被爆国でもある日本です。この歴史を風化させることなく、これからの世界平和をもっと提唱すべき立場なのではないかとも思います。
今回のように、世界平和について考える機会、議論する場がもっとあればいいなと思った講演会でした。

 

平成29年度 第3学年 親子ふれあい講演会

第3学年 親子ふれあい講演会

日時 平成29年7月13日(木)

場所 佐賀県立美術館ホール

演題 「附属中学生とその保護者の方に知っておいてほしいこと

     ~誰もが幸せに暮らすことができる共生社会の実現に向けて」

講師 佐賀県教育センター研究課生徒指導担当指導主事  伊東一義先生

 

 第3学年の親子ふれあい講演会は、「誰もが幸せに暮らすことができる共生社会の実現に向けて」という演題で、佐賀県教育センター指導主事の伊東一義先生にお話ししていただきました。

 伊東先生は、特別支援教育についての造詣が深く、教育センターの指導主事として、県内の多くの学校や先生方に対しての指導や支援を行われている先生です。

 伊東先生の講演の前半では「障害」についての考え方や「発達障害は障害か?個性か?」といったことについて、みんなの考えを引き出しながら、お話ししていただきました。「困った人ではなくて、困っている人」という考え方や、「障害は周りの理解によって個性になる」といったようなお話がとても印象に残りました。

 また、後半では、「気になる人への理解」ということで、行動を3つに分類して整理する方法やほめ方の技術など、学校での友達との関わり方や家庭での子どもとの関わり方など、7身近な生活の中でも役に立つ方法を教えてくださいました。

 「共生社会の実現」とは遠い未来の話ではなく、学級や家庭で、親も子も明日からでもできることであると思いました。

 アンケートの結果など詳しい内容は、育友会発行の育友会活動報告誌『真・善・美』に掲載いたします。

 

DSC_4724.JPG   DSC_4730.JPG  DSC_4725.JPG

 

平成29年度 第2学年 親子ふれあい講演会

平成29年度 第2学年 親子ふれあい講演会

   ~夢に向かって今できること~

 

   日時  平成 29年7月11日(火)

   場所  佐賀県立美術館ホール  

   演題・講師

        第一部講演 「ひとの役に立つということ」

          産婦人科専門医  野口光代先生

        第二部講演 「失敗から学ぶことの大きさ、失敗から人は成長する」

          佐賀大学医学部准教授・米国臨床心理士・神経心理士  坂本麻衣子先生

 

 今年度、第2学年親子ふれあい講演会は「夢に向かって今できること」をテーマにお二人の先生をお招きし、講演いただきました。
 野口先生はご自身の進路選択のお話から、産婦人科専門医としての貴重な体験談を聞かせていただきました。坂本先生は失敗体験から得たもの、若くしてお母さまを亡くされた経験など子どもたちの目線になってお話しいただきました。
 お二人の先生とも初めから完璧なのではなく、夢や好きなことを見つけ努力され、今ご活躍されていることを知り、進路選択の入り口に立ちはじめた子どもたちにとっては不安が希望に変わる講演でした。
 夢を見つけ、失敗を恐れずチャレンジし、悔いのない人生を送る!!   
 「夢に向かって今できること」を親子で考える有意義な時間となりました。