学級委員長会活動報告

令和元年度 第1学年 親子ふれあい講演会

小さな一歩が世界を動かす〜紛争に巻き込まれた世界の現場から〜

1年1.png

令和元年度 第1学年 親子ふれあい講演会

 

日時  令和元年 7月4日(木)

    場所  佐賀大学教育学部附属中学校体育館

    講師  島 彰宏 氏(認定NPO法人テラ・ルネッサンス 佐賀事務所)

 

 「ひとりの力は、微力だけど、無力じゃない。」 

 

今年度の親子ふれあい講演会は昨年度ご好評でした島先生に講師をご快諾いただき開催しました。 島先生は「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」を目指し、現在、「地雷」、「小型武器」、「子ども兵」、「平和教育」という4つの課題に対して、現場での国際協力と同時に、国内での啓発・提言活動を行うことによって、課題の解決を目指しています。

1年2.png

今回、島先生が昨年8月に訪問されたコンゴ民主共和国とウガンダにおける、紛争の被害を受けた方々が自立するための活動から次世代を担う子ども達に平和の大切さ、そして身近に山積する課題に向かう姿勢についてお話頂きました。子供達の熱心な眼差しに応え、多数の質問にも先生が快く回答していらっしゃいました。

1年3.png                   1年4.png

尚、子供達は夏休みの課題で、今回お話しになられた事を自分なりに考え、2016年に国連において定められた17の持続可能な開発目標(SDGs)について親子で話し合いまとめました。これらの課題を通して、より本講演の意義を具現化していきたいと思います。 

 

 

〈講演会 事前アンケート結果〉

1年5.png

 

 

 

 

令和元年度 第2学年 親子ふれあい講演会

令和元年度 第2学年 親子ふれあい講演会

                 キャリア

日時:2019年7月11日

場所:佐賀県立美術館ホール

講師:総合メディアプロデューサー  武藤 樹一郎

 

演題:これからの人の生き方について 第2学年育友会では、講演会を、学校の総合学習のテーマ「キャリア」につながる学びの機会にしたいと考え、“キャリア”= 職業、経歴、について、生徒のみなさんが自分の将来を夢と希望をもって具体的にイメージする、そのきっかけになればという思いを込めて計画しました。

 

~ 講師紹介 ~

武藤 樹一郎 1974年佐賀生まれ。

1993年から渡米。

1998年SVA(ニューヨーク)首席卒業(学長賞)。

2001年コロンビア大学視覚芸術学部デジタルメディア科修士課程首席終了(学部長賞)。

 

 

      2学年親子1.png       2学年親子2.png

 

(講師メッセージ)

みなさんが大人になる頃は、AIやロボットが多くの仕事をするようになって、どういう時代になっているでしょうか?どんな事を今準備すべきでしょうか? 私は佐賀から高校卒業後アメリカに渡り、自力で学費を作りながら大学に通い、会社を作りました。テロの経験や、お金を作る苦労、身体の問題と格闘しながらの日々でした。 特に頭が良いわけでもなく身体も不自由で、発達障害もあり、裕福というわけでもない私が、何故アメリカの一流大学を首席で卒業できたのかを少し話してみたいと思います。

 

~ 講演内容 ~

・最先端の技術が日本に届くまでに2、3年かかる。日本で最先端だからと、それを仕事にし たら3年後その仕事があるのか分からない時代になっている。

 

・順調にいっているとそれしか見えなくなるので、自分で意図的にレールから降りることによ り視野が広くなってレベルアップを図ることが出来る。

 

・努力を楽しめる人であって欲しい。

 

・知識も大事だが、経験が何より大事。その際に世界を見据えて考え行動することが大事。

 

・日本と外国のハンディキャップに対する見かたの違いで、外国では何が出来るか関心をもた れ、その能力や技能を認められる。

 

※今回の講演では生徒だけではなく、保護者や先生方も改めて新しい世界観を得ることができ、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

令和元年度 第3学年 親子ふれあい講演会

令和元年度 第3学年 親子ふれあい講演会

「未来へ、乾杯!」~自分を大切に~

日時 令和元年7月12日(金)

場所 佐賀県立美術館ホール

講師 吉木 知也 氏(佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校校長)

 

 

3学年親子1.png

 

「人間のすばらしさ、人生のおもしろさをぜひ感じてほしい!」

 

そんな先生の熱いメッセージがたっぷり詰まった90分間でした。 人間のすばらしさ、人生のおもしろさを感じるために心がけることは・・・

 

○夢を持とう!夢を追いかけよう!  夢を持つことで、努力すること、辛抱することができる人になれる  できることより、できるようになろうとすることが大切

 

○根っこになろう!  「花枝幹根~花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねんだなあ~」  先生が座右の銘にされている、相田みつをさんの有名な詩  根がわかる人、根になれる人になってほしい

 

○感性豊かになろう!  感動体験を数多くしてほしい  インターネットはすぐに答えが出る 自分で考えた感動がない  便利な故に失っているものがあることを知っていてほしい  そして、感性の基本は学校ではない 家庭である  家庭では家族で自分が感動した話をしてほしい 嫌なことは続かない。人生には苦しみもあれば必ず喜びもある だから、絶対に自分の命を自ら絶ってはいけない!自分を大切にしてほしい! 先生のギターの弾き語り「未来へ」「乾杯」「栄光の架け橋」により、先生の メッセージはより一層、私たちに深く届きました。生徒たちも保護者も、先生の魅力、話、歌声に感動を頂いた講演会でした。

        3学年親子2.png    

      3学年親子3.png         3学年親子4.png