広報委員会

白線~第131号をお届けします!

~SKUSEN第131号の目次(CONTENTS)~

★2~3 卒業生に贈る言葉

☆4~7 祝卒業~卒業にむけてひとこと~

★8~9 特集「身近の災害から命を守ろう」

☆10~11 新部長の意気込みを聞きました!・新人戦報告

★12 新生徒会役員本部が決定!・編集後記 
HAKUSEN131T...

表紙はちょっと懐かしい写真ですよ。


 

広報委員の一年

一年間の広報委員の活動をまとめて紹介します。

□■ 広報 委 員 会 の 活 動□■
佐賀大学文化教育学部附属中学校育友会 広報委員会


1. はじめに
広報委員会は、年間をつうじて次のような活動を行います。他の委員会と異なり、1 年間をフルに使って活動
する委員会です。

1)育友会だより「白線」1 学期号の発行
2)育友会ホームページにおける各委員会ページの更新(主に1 学期分の活動)
3)育友会だより「白線」2 学期号の発行
4)育友会ホームページにおける各委員会ページの更新(主に2 学期分の活動)
5)育友会だより「白線」3 学期号の発行
6)育友会ホームページにおける各委員会ページの更新(主に3 学期分の活動)
7)育友会活動報告冊子「真・善・美」の原稿執筆(広報委員長)


2. 育友会だより「白線」の取材・編集活動
育友会だより「白線」における取材・編集活動は、表-1 のような流れで進めます。広報委員会内でさらに詳
細な資料が作成され、受け継がれています。

1)4 月の下旬か、遅くとも5 月の上旬に中学校の年間行事内容と日程を確認し、バックナンバーも参考にして、どの号にどの記事を掲載するかを決めます。
2)特集記事を設ける場合は、この内容についても方針を固めます。
3)バックナンバーも参考にして、各号のページ数を決めます。各号のページ数は、最小8 ページから最大12
ページまで設けることができます。
4)各号における取材・編集活動は、基本的には表-2 の内容の繰り返しです。1 学期号の発行まで経験するこ
とで、広報委員会の全体像が見渡せるようになります。


3. 写真撮影のポイント
育友会だより「白線」の編集では、記事に用いる写真が成否の鍵を握ります。広報委員会では、次の点を注意
して写真を撮影しています。
1)育友会だより「白線」に掲載されるイメージを意図して撮影しています。
2)望遠レンズに頼らず、被写体に邪魔にならないように、しかしながら遠慮もしないように撮影しています。
3)合唱コンクールなどの光度が落ちる場所での撮影に際しては、三脚などを用いることでピントのブレを防ぎます。

 

【育友会だより「白線」の取材・編集活動における年間のながれ】

 4月   ・新旧役員会

 5月   ・連絡網の完成
      ・委員長、副委員長、会計委員、ホームページ委員による年間の編集方針の策定
      ・第1回広報委員会(1学期分)の開催
      ・学年別編集会議の開催
      ・原稿の依頼


 6月    ・ホームページ管理の引継
           ・依頼原稿の締切
           ・学年別編集会議の開催
           ・1学期分の全ての原稿の印刷業者への入稿
           ・第1回拡大常任理事会(広報委員長)
           ・第1回校正


 7月    ・第2回校正
      ・(必要に応じて)第3回校正
      ・仕分け作業・発行
      ・ホームページの更新


 9月   ・第2回広報委員会(2学期分)の開催
        ・学年別編集会議の開催


10月    ・育友会活動報告冊子「真・善・美」編集会議(広報委員長)
       ・原稿の依頼
       ・依頼原稿の締切


11月    ・学年別編集会議の開催
       ・2学期分の全ての原稿の印刷業者への入稿
       ・第2回拡大常任理事会(広報委員長)
       ・第1回校正
       ・育友会活動報告冊子「真・善・美」編集会議(広報委員長)


12月  ・第2回校正
      ・(必要に応じて)第3回校正
      ・仕分け作業・発行
      ・ホームページの更新


 1月   ・第3回広報委員会(3学期分)の開催
      ・学年別編集会議の開催
      ・原稿の依頼


 2月   ・依頼原稿の締切
      ・学年別編集会議の開催
      ・第3回拡大常任理事会(広報委員長)
      ・育友会活動報告冊子「真・善・美」編集会議(広報委員長)
      ・3学期分の全ての原稿の印刷業者への入稿
      ・第1回校正
      ・育友会活動報告冊子「真・善・美」編集会議(広報委員長)


 3月  ・第2回校正
       ・(必要に応じて)第3回校正
      ・仕分け作業・発行
      ・ホームページの更新 

4. 広報委員会の活動を無事に乗り切るために
いかに生徒や学校のためとはいえ、拘束時間はおのずと長くなり、モチベーションの保持に耐え切れず、苦労
話が尽きることはない委員会です。
1)全体、学年別の連絡網を早期に完成させることが負担軽減の大きな鍵を握ることになります。最近では、Google やYahoo などのインターネットにおいてメーリングリストを無料で作成することができますので、セキュリティに十分注意しながら利用するのも手です。
2)育友会だより「白線」の各号では、各目次・内容ごとに学年別担当が割り振られます。さらに各学年委員のなかで各号ごとの取材・編集担当者が割り振られることで、負担の軽減が図られています。
3)あらかじめ担当記事のコンセプト・レイアウトの方針を決めて学年別編集会議に臨むようにしています。このときに、コンピューターや液晶プロジェクターを使いこなせると編集の手間が省け、より便利になります。4)原稿の入稿作業に際しては、印刷業者が懇切丁寧に編集のサポートをしてくださいます。
5)プロの写真家によるサポートもあります。ただし、プロの写真家は卒業アルバムの編集を意図した写真を撮影される点に注意が必要です。
6) 原稿依頼状、住所・宛名ラベルなどのひな型(Microsoft Word 版ファイル)が受け継がれていますので、これらを用いると便利です。


5. 平成25 年度における各号の内容


5.1 1 学期(12 ページ)

 1)表紙(3 年生委員)
2)校長・副校長・育友会会長あいさつ~子どものころになりたかった職業は?~(1 年生委員)
3)1 年生~3 年生・先生紹介~子どものころになりたかった職業は?~(1 年生委員)
4)自主研修・校外学習(3 年生委員)
     1 年生:原鶴校外学習      2 年生:久住登山研修     3 年生:大阪・京都 自主研修
5)第67 回大運動会(2 年生委員)
6)新入生および保護者の紹介(1 年生委員) 生徒:中学生になって 保護者:子どもが中学生になって
7)編集後記(広報委員長)

5.2 2 学期(12 ページ)(予定)
3)文化発表会~創・creating from image~(3 年生委員)
4)2 年生職場体験(2 年生委員)
5)中体連・部活動報告(1 年生委員)
6)特集記事「身近の災害から命を守ろう」~①佐賀平野と水~(広報委員長)
7)佐賀大学の授業を受けてみよう!(2 年生委員)
8)編集後記(広報委員長)


5.3 3 学期(12 ページ)(予定)
1)表紙(3 年生委員)
2)卒業生に贈る言葉(2 年生委員)
3)祝卒業~卒業にむけてひとこと~(3 年生委員)
4)特集記事「身近の災害から命を守ろう」~②佐賀平野の形成史と災害~(広報委員長)
5)部活動報告・新人戦報告(1 年生委員)
6)新生徒会本部が決定!(2 年生委員) 

pdf版資料はこちら↓↓↓ 

育友会活動報告冊子「真...

平成25年度 白線129号・130号発行

白線129号・130号を発行いたしました。

打ち合わせ、取材、編集会議を重ねて、今年度も2冊の白線をお届けしました。

皆様のご協力、ご尽力に感謝いたします。

 

making129_1...  ←広報委員会(全体会議)の様子
学年別編集会議を行いました。→  making129_2...
hakusen_129...

 ←第129号

  修学旅行・体育大会の記事を掲載しています。

第130号→ 

 中体連、合唱コンクール等の様子をお届けしています。

hakusen_130...

 

 

 

≫ 続きを読む