教育育成委員会

平成27年度「佐賀大学の授業を受けてみよう」

9月12日(土)実施 各講座内容

①バイオテクノロジーで新しい植物を創る! / 農学部 教授 駒井 史訓 先生

 バイオテクノロジーとは実はどういうものなのか、駒井先生のこれまでの研究等と映像をふまえて分かりやすく講義をして頂きました。0から1を生み出すことの難しさ。そのための地道な研究と実験。それには子どもの頃の自然とのふれ合いや、今、中学で学んでいることの全てが生きてくるというメッセージも頂きました。

      ①ー1.JPG      ①ー2.JPG

 

②原因と対策 ・・沿岸地区に多発した奇病への対応・・ / 文化教育学部 教授 久野 建夫 先生

 まだ原因が明かされていない疾病に対して、昭和初期の時代にどのようにデータを収集し、そして解明をしていったのか・・・。当時の論文や多くのデータを読み取って、自分がその県の知事ならば、どのような行動をとるのかということを考えました。有効な対策立案を考えたことは、今後の学習にも生きるでしょう。

      ②ー1.JPG      ②ー2.JPG

 

③相対論の世界 / 大学院工学系研究科 教授 船久保 公一 先生

 アインシュタインが提唱したこの理論、実は私たちの身近にある様々な「形」を決める理論です。IHの電化製品やGPS機能などを例に挙げ、子どもたちの興味を捉えながら授業を進めて頂きました。子どもたちが先生の周りに集まり質問する姿が見られる等、すばらしい「物理との出会い」となったようです。

      ③ー1.JPG      ③ー2.JPG

 

④発酵食品は病気を予防できるか? / 農学部 教授 北垣 浩志 先生

 発酵食品、特に、麹、ヨーグルト、ワインの効果について講義して頂きました。まず、発酵食品の働き、歴史の話があり、次に、摂取することによる効果の説明を受けました。効果とは、免疫力の増進、腸内細菌の改善、病気の防止と予防などです。今後、身体に有益な発酵食品を多く摂取したいと思います。

      ④ー1.JPG      ④ー2.JPG

 

⑤巨大な布に水族館を描こう / 文化教育学部 准教授 / 小木曽 誠 先生

 「社会に出る若者に求める力」として、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つを挙げられ、早速、制作に挑戦しました。各グループが想像力を膨らませ、巨大な布に、刷毛や筆を使って、グロスポリマーやアクリル絵の具で描いていきました。ためらいなく伸び伸びと描く姿が印象的でした。

      ⑤ー1.JPG      ⑤ー2.JPG

 

⑥日本語の漢字にはどうして何通りもの発音があるのか? / 文化教育学部 准教授 中尾 友香梨 先生

 日本語の漢字の発音には、「訓読み」「音読み」があり、その中でも「漢音」「呉音」「唐音」という何通りもの発音があることを、歴史と文化に触れながら学びました。普段何気なく使っている漢字の読みは、とても奥深いものだと感じました。みんな興味津々で大変充実した講義でした。

 

⑦放射線を測る / 総合分析実験センター 准教授 寺東 宏明 先生

 昨今、放射線に対する意識が薄れてきており、また、社会情勢においても、放射線と放射能を混同している風潮があるように感じました。一言で放射線は怖いイメージでしたが、正しい知識を得ることで不安が払拭できる内容でした。専門性の高い講義に子どもたちは触れることができたのではないでしょうか。

      ⑦ー1.JPG      ⑦ー2.JPG

 

⑧メディアコミュニケーションについて考えよう / 文化教育学部 教授 角 和博 先生

 まず、おへそ保育園長吉村先生・諸岡先生による「こども哲学」、次に、古賀先生による情報モラル、最後に、角先生によるコミュニケーションカードによる演習と3構成の授業でした。自分と相手が持つ価値観は違うということはSNSにも通じ、正しい使い方とお互いを尊重する大切さを教えて頂きました。

      ⑧ー1.JPG      ⑧ー2.JPG

 

⑨スピンはめぐる / 工学系研究科 教授 遠藤 隆 先生

 講座が始まる前に、受講生全員が回転運動の体験を行いました。先生から教えて頂く内容は、学校で習うものとは正反対なので難解でしたが、実は、回転運動がとても身近なところで大切な役目を担っていることを知りました。最後に、文系理系に関係なく、広く深く教養を得ることが大切とのメッセージを頂きました。

      ⑨ー1.JPG      ⑨ー2.JPG

 

⑩だしのおいしさの科学 / 文化教育学部 准教授 萱島 知子 先生

 生まれた時から日本人の身近に深い関わりがある和食のおいしさの要とされる「だし」。この「だし」の持つ味と匂いをあわせた「風味」は、食べることへの期待感を高めます。体に良い成分を豊富に含んだ「だし」を試飲し、「おいしい」「味が薄い」など、おいしく楽しく「だし」への興味・関心を引き出す講義でした。

      ⑩ー1.JPG      ⑩ー2.JPG